2009/09/03 零式水上観測機 着水も慣熟!
***************************
福岡の ASO.さまから 記念写真と、離着水成功のメールをいただきました
<メール> 2009 09 02 

初飛行から1ヶ月以上経ってしまいましたが、本日着水も成功しました。
2回飛ばしましたが、本日は2回共に無事帰還です。
問題の低速飛行ですが、低速でも失速する様な気配は無いのですが、エルロンの方向でフラフラするので、低空飛行は緊張します。
前回の浸水でエルロンサーボが1つ故障したので、交換したデジタルサーボの反応が良すぎる感じもしますし、風が強かったので、風の影響も大きかったのかも知れません。
また、比較的急な旋回をしても失速する気配はありません。
次回条件が良ければ、ロールやループ、背面飛行も試してみたいと思います。 それではまた。
パイロット、機銃もついて、すっかりお気に入りになった様子。大切にしていただきとてもうれしいです。
ロール、背面! もう完全に乗りこなして居られますね! いつまでも元気に飛び回ってくれることを祈ります。


 
2009/06/22 零式水上観測機 飛翔!
***************************
福岡の ASO.さまから 初飛行時の写真と、初離水成功のメールをいただきました
<メール> 2009 06 22 

本日零式水上観測機の離水に成功しました。
様子見で 機関銃無し、パイロット無しでしたが、飛行後の写真を添付します。

ぺラはGWS9050−3B 3枚ペラ! いいですねぇ〜!!!
バッテリー ROBIN11.1V1300mAh
アンプ Dualsky30A
全備重量875gです。
ちなみに九三水練は790gでした。
・・・やはりメカ積みは単純計算どおりとはいきませんね。100g以上も超過ですか。。。
しかしこれだけ過荷重でも問題なしなんですねぇ。貴重な戦訓ありがとうございます。


右スラストが足りないと思い、初めから右スラストを増して挑戦した甲斐が有ってか、
初挑戦でほとんど当て舵無しで素直に直進してプレーニングに入り楽々離水しました。
喫水も浅いし、もっと重くても離水は大丈夫だと思います。

その後、着水に失敗して逆立ちしてしまいました。 無念!!!
アンプと受信機は防水していたので大丈夫なのですが、上翼が浸水してしまい
エルロンサーボが不調になり今日は中止となりました。
九三水練は水を切るだけで復活していたのですが、零観はそうはいきませんでした。
九三水練のエルロン1サーボまたはシュナイダーの下翼に搭載が正解かも知れません。
逆立ちしなければ良いのですが、この点は修練の必要が有りますね。
・・・しぶきをよけるため上翼埋め込みにしたのも、時と場合によっては裏目に出てしまったのですね。
ALサーボハッチから紙筒のトンネルをつけてあるのですが、やはり水上機はいろんな状態を推定して防水には神経を使わなければいけませんね。また一つ勉強になりました。


1フライトで調整飛行のみになってしまいましたので、飛行性能はまた次回に挑戦します。
                                <ASO.>

・・・入魂の零観 見事初飛行成功させて頂き幸せです。次回には着水も成功を祈ります!<Si San>
記念撮影