Royal Aircraft Factory SE5a
第一次世界大戦の戦闘機で圧倒的多数派といえば R.A.F.のSE5
扱いやすく安定性能、最も実用的優等生、でも今ひとつ個性に欠ける。
大戦後半の主戦力にもかかわらず、なぜか愛称がない・・・

これだけメジャーな機体だから過去様々なモデルが作られてきた。
じっさいバランスよくまとまった機体だけにRCモデル化には一番お手ごろ、事実非常に作りやすい。

そんなせいか今ひとつ情熱が沸かず、さっさと完成を急いだために、あちこち手抜きだらけ。
フィルムの塗装も色違いだったり、マーキングはシワシワ。せっかくルイスもヴィッカースもガンバッテつけたのに・・・

まさに「せいては事を仕損ずる」のお手本みたい、こりゃ後で手を入れなおしてやらなければ。
 胴体/主翼 バルサ・トラス角胴/バルサリブ+フェザー・コート張り 
 全長:585o、全巾:760o、
 翼面積:18.5dcu、
 全備重量:445g、機体乾燥重量(バッテリー、ラジオ除く)330g
 翼面加重:(約24.0)g/dcu

 GWS350C−B/8043(65g)
 サンダ−・パワー リポ 2セル 1320mA (65g)
 4ch エルロン仕様(尾輪連動 タキシング仕様)
 マイクロサーボ X 3、アンプ、FUTABA R114F
 (RCメカ 約50g)搭載

製作過程は工房日誌でジックリどうぞ。
「なかなか・スケール」=「十米美人スケール」? 95%完成? カッコはきまった。
ソッピースとツーショット。機体バランスの好さがよくわかる。長い前後スパン、上下上半角付きで、
アスペクト比の小さな横の運動性よさそうな矩形翼。エルロンはシリーズ同様下翼のみのフルエルロン。
操縦特性はシリーズ中一番の自信アリ! 私向き?初心者向き??? これで最軽量・・・に仕上がるはずだったが、またまたオマケが付いてソッピースより5g重くなってしまった。
どうもフェザーコート裏面塗装の塗料と塗装の厚みが影響大きいようだ。濃い色をシッカリ塗るとそれだけで数十グラム即増えてしまう。プラモ用のスプレーでも使えばもっとキレイに軽く仕上がっただろう。。。お祭りお祭りあとの祭り。
いつもの癖でついついコリすぎ・・・ 飛行には要らないものがあれこれ・・・
カウルはお決まりのコーク2リットルのペットボトルで。
トーチのボンベがガス欠で台所ガスレンジでやったのが災い。
全体に熱が回りすぎて、角がとろけて3回失敗。
角型はカドッチョに要注意!

ほとんどスケールサイズだから、なかなか前後バランスがいい。
上翼はリポ・ジェニー同様支柱にPETでネジ止めでスッキリ。

リポは鼻の下の専用格納ボックスに楽々スッポリ。
外部からベルクロ掛けで着脱ワンタッチ。
脚は前一本だけホンモノ、車軸、後部支柱は「ジェニー」以来のヒシチューブ・輪ゴムのダミーで。
車輪は新ビヤカン=リムを切り落とした55oサイズ。(写真は手持ち試作品で左右不ぞろい)

エルロンは下翼のみのフルエルロン。リンケージ、サーボは下面ストリップ。

翼間支柱は針金Nにバルサ・サンドイッチ、支点に差込曲げるだけ。

・・・どれももう定番となった手法で、これ以上の画期的改善策は当分出ないだろう。

後はフィニッシュを決めて?出来上がり。
* カウルは塗りなおそう。ボッテリラッカーは重さもバカにならない。
* ラジエター・グリルも欲しい装備。
* 新ビヤカン・タイヤ増産、WWTシリーズには欠かせないアイテム!
* マーキングはモノコートでやり直し。

気乗り薄とはいえ、一番素直な飛行性能を期待できるSE5だから、ツメをしっかり完成させよう。
といいつつ もうアルバトロスの胴体冶具にかかってる。 なんたる浮気性「ピースア=蝶々」は巷の呼び名・・・

Return to EP page  この機で「EP一覧」へお戻りください。