SAVOIA S 21 Forgore 1/8
 紅の豚 ポルコのサヴォイア・フォルゴーレ 850SP 初号機(特注限定版50サイズモーター搭載)

試作初号艇
改良新型「改」

850SP 850SP
艇体 フォーム内底バルサモノコック艇/モノコート張り
主翼 バルサ上面プランク 半対象翼型 /モノコート張り
全長/全巾 1100mm/1500mm
生地完成 1430g 1480g
機体完成 1565g 1615g
メカ合計 665g+ 645g
 モーター(ペラ・スピンナ含) 5020 / 465g 5020 / 465g
 ESC 100A / 108g 100A / 108g
 サーボ Al.2+Ev/Rd.3 / 95g Al.2+Ev/Rd.3 / 85g
バッテリー 6S / 400g 6S / 400g
全備重量 〜2630g 〜2660g
翼面荷重 84.8g(31.0 デシ) 81.8g(32.5 デシ)

2018/02/06 特注限定2号艇「改」

2017/10/05 特注限定初号艇 ・・・(東京)Jaguar さま

*** 製作開始から完成までの工作詳細は 工房日誌 サヴォイア850spでご覧いただけます。***

2018/02/05 サヴォイアS21f 1/8 850sp 改
 試験飛行で想定外のアクシデントにより失われた850SPのリベンジで改良型「改」として再登場
 艇は中央部の巾を広げ
 底面積を拡大
 ちょっとふっくら。
 水上のスワリの良さ向上
 延長コードは
 後支柱へ移動
 さらに外観向上
 尾翼周りも改良 超ミニ・サーボ埋め込み+ハッチで 分解・組立て式
 水平板支柱は一番最後。
 根本を艇の穴に差込み、水平を確認してから接着
 水平板にトラスタッピングで固定。
 完成後の分解時には、まず最初にこのビスを外す。
《オーナーご指定・新方式》
 サーボは垂直板埋め込みで、ハッチはただの蓋に。サーボホーンは両長にして、左右に突き出し
 ラダー・ロッドは左右押し引きで 完全に舵のブレを解消。操舵はよりシャープに!

               ページ・トップへ戻る

2017/09/05 サヴォイアS21f 1/8 850sp初号艇 製作開始 
 作り作ったサヴォイア 1/10だけでも3ダース超え。そして1/6.5の超大型、その経験値・ノウハウをすべてつぎ込んだ
 拙作サヴォイアの集大成として 1/8新シリーズに着手。はたして初号機はいきなり限定特注版の850スペシャルに。
 初号機なのにのっけから基本設計外の特注仕様!
 超大型の貴重な資料をフルに生かし、垂直・水平尾翼は
 薄型ミニサーボ埋め込みのダイレクト式に。
 思いのほかすんなり組み上げたものの、案の定
 延長コードの取り回しは相当厄介で経験値ナシでは・・・

 しかし外部ロッドのないテールは実にスッキリとして美しい。
 積層仕立ての尾翼はテールヘビーが懸念されたが、意外に軽く
 仕上がり前部メカ類の重量もあって思いのほかバランスは良好。
 
 エルロンコードは従来型同様、トレー式で翼は全周密封式に。延長線コネクターは水道管用シールテープで完全に防水。
 翼端フロートも1/10同様カーボンロッド/翼埋設シリコンチューブ差込み式で+ピアノ線斜め支柱追加
 喫水線にあわせ支柱カバーを切り取り、斜め支柱のピボットもピアノ線曲げ加工の長穴で上下高さ調整も可能に。
 万一の翼端引っ掛け転覆といったアクシデントでも、完全固定はせずに翼を壊さないフェール・セーフに。
 モーター延長線は最新10ヌーボ同様支柱に沿わせて艇内に引き込み、外観は実にスッキリ。
2017/10/05 正味1ヶ月 思い入れの サヴォイア850sp 勇躍完成 

 同じ大きさの絵で比べると・・・歴代 サヴォイア 変遷史

初期型107

中期型1030

新型10Nouvo

超大型50

最新型850

               ページ・トップへ戻る

Return to EP page  こちらから「EP一覧」へお戻りいただけます。