SAVOIA S21 Forgore 1/8
ポルコのサヴォイア・フォルゴーレ 1/8(842 Nuovo シリーズ)
特注により、新シリーズの先駆けとして製作した850スペシャルを元に
複雑なサーボ埋め込み・組立式尾翼にかわり、シンプルなダイレクト・ロッド式に。
機体軽量化に伴いモーターはこのクラス市販量産機でも多用されている4250を採用。
現行10Nouvoシリーズ同様、後退角付きリアルな水平尾翼は、左右2サーボ式で。
尾翼サーボは操縦席をハッチにして後方に設置。メンテナンス性+防水性 大幅向上。

《 このサヴォイアは実機がない空想の機体なので、縮尺表示は正確な縮尺ではない。
  あくまで前作からの比較で名目上1/8ということで・・・ 》

 2018/06/29 Savoia 8 Nouvo 5号艇 NEW ・・・(兵庫)K.A. さま

 2018/06/05 Savoia 8 Nouvo 4号艇 ・・・(宮崎)K.I. さま

 2018/05/07 Savoia 8 Nouvo 3号艇 ・・・(秋田)Y.H. さま

 2018/04/06 Savoia 8 Nouvo 2号艇 ・・・(栃木)T.K. さま

 2017/11/15 Savoia 8 Nouvo 初号艇 ・・・(群馬)T.I. さま

*** 各機体諸元一覧はページ下部に ↓↓↓

*** 製作開始から完成までの工作詳細は 工房日誌 サヴォイア 842 Nouvoで ***

2018/06/29 サヴォイアS21f 1/8 842 5号艇 完成 
 どうしても自分の脳裏にあるアニメのサヴォイアのイメージが変えられない。翼は細く長いほうが・・・
 翼面積はそのままでアスペクト比を少し変更して細めのイメージに。
 前作#4の新型艇体はそのまま踏襲。オーナーのご希望にあわせて操縦席は少し上に詰めて開口部を縮小。

  悩みぬいた翼形状も
ようやく5号艇にいたって
 何とか納得できる
イメージと性能の妥協点に
たどりついたようだ。
 出来上がって見ると更に欲はでるもので、この操縦席ハッチをもう少し目立たなくする方法はないものか?
 後部を操縦席のRに合わせ丸く整形したハッチにできないものか? また一つ今後の課題が・・・

               ページ・トップへ戻る

2018/06/05 サヴォイアS21f 1/8 842 4号艇 完成 
 基本構造は前作842ヌーヴォ3号機を踏襲。・・・まだ4機目なのに改修を。
 この4号艇は拙作1014号ご愛用の方からのリピート受注。ならばここで・・・

 850改のインプレ・レポートから、前作3号艇で翼巾を少し詰めた。
 製作者の好みとしては細めで翼巾の長いのがお気に入りだったが
 やはりアニメイメージにこだわるとちょっと長すぎなのは事実。そこでこの機会に思い切って
 高速化とイメージUPをねらって翼巾を機体縦横比に似合う長さに短縮。もう少し翼面荷重があがっても
 どこかの豚先祖マッキよりはまだ余裕がある。
 ここに来てようやく気がついた。艇底の角度を変更!
 拙作サヴォイア当初の平底時代からCGからの前後立ち上がり角度をずっと踏襲していたのだ。
 最近は前半はV底のV角度をきつくしてセンターキールは水平に近くなってきていた。
 にもかかわらず後半はそのままだったから当然後のほうが角度がきつくなる。結果的に
 水面上では初めから尻が下がった姿勢になっていたのだ。
 850飛行動画を見ても離水時に尻が下がって水平滑水になるまでタイムラグがある。
 そこで翼だけでなく、艇体も艇の深さをつめ縦横比を小変更。それとともに、重心位置から艇尾への
 立ち上がり角度も若干弱まる。重心後部の水没部分の体積が増し、水上姿勢がより水平に近くなるから
 滑水時のパワー全開でも「尻餅・頭上げ」も抑えられ、より離水がスムーズになるはず。
 飛行艇の原理・原則には外れても、特殊な空想艇だから思い切った形状変更も必要。
 実際ヌーヴォ以後の艇底形状でも、ポーポイズはほとんど起きていない。

               ページ・トップへ戻る

2018/04/07 サヴォイアS21f 1/8 842 3号艇 完成 
 基本構造、緒元は前作842ヌーヴォ2号機を踏襲。・・・わずかな寸法変更程度や工作上の差異だけで、
 ほとんど外観上の変化は大差無し。手馴れてきたのか若干軽く仕上がった。
 益々旨くなる配線処理。コード通しもほとんど目立たない。

 毎回もうこれ以上・・・とか言いつつも、いつものように、
  懲りない心変わり。
 今回850の飛行データから「翼面積はもっと少なくても十分」
 という戦訓をもとに、全巾を5cmほど短縮。
 ますますロール系の運動性能を向上。
 

               ページ・トップへ戻る

2018/03/07 サヴォイアS21f 1/8 842 2号艇 製作開始 
 初号機以来4ヶ月間に、10ヌーヴォ最新作、850SP《改》を製作し、さらに熟成したノウハウを生かして、
842ヌーヴォの2号機を製作。・・・といってもわずかな寸法変更程度や、すでに公開済みの改修点ばかりで
完成した姿はほとんど外観上の変化は大差が無いのが辛い。
2018/04/07 サヴォイアS21f 1/8 842 2号艇 完成 
 やはり1/8サイズ(GP50〜70)となると結構ボリュームがあって、いかにもラジコン機!という感じがする。
 (ちなみに写真の保持者は身長160cm)さすがにこのクラスになるとちょっと近所の小川で・・・というわけにはいかない。
 大きな湖でも見応えのあるサイズだ。RCベテラン上級者でも十分満足していただけるだろう。
 2機目といっても同級生はすでに何機も出撃している。もういじくるところはほとんど無し。
 操縦席サーヴォ室がヌーヴォの特徴。今回Rd.Ev.サーボを少し大きめの余裕があるミドル・サーボに強化。
 尾翼は850SPのような分解組立式ではなく、すべて接着固定だから、水平尾翼支柱はコの字ピアノ線と
 カーボンパイプの一体で、先端は艇体に差し込み接着式に簡略化。
 フロートも850SPと同様で、3mmカーボンロッド支柱
 差込み式で上下高さ調整可能に。
 斜め支柱の先端位置は、進水式でフロート高さが確定するまで
 ずれるので、飛行前最後の組立仕事として
 翼下面のハードポイントに位置決めしてからビス止めする。
 翼エルロンの延長コードと、モーターの延長コードは、外観上
 一番気になるところだから、今回も850以来の埋め込み式に。
 翼中央下面の「蓋」はワンタッチ開閉式。ここは防水ハッチではない。
 延長ケーブルのコネクター部は防水対策が必要。
 もう行き着くところまで来た。全体の外観は前作とほとんど変わらないので、イメージ画像は初号機で見てください。

               ページ・トップへ戻る

2017/09/05 サヴォイアS21f 1/8 842 初号艇 製作開始 
 1/10 3ダースの経験値と、1/6.5 超大型の貴重なデータをもとに、すべてのノウハウを結集。
 さらに新たな素材も活用して、拙作集大成の1/8ヌーヴォが完成。
 先行850SPのインプレッションを活かして更なる改良を加えて・・・
 サヴォイア8ヌーヴォシリーズの一番機
 最新の改良点は 主翼のコードトレー。
 850SPでも従来型を踏襲していたが
 より完璧な防水性とカバーリング強化の
 進言をもとに、エルロン・コード・トレーは
 下側も塞いだ箱型にして、翼下面を完全シールの
 トンネル型に改良。 
 ヌーヴォ・モデルの特徴 メカ・ハッチ。 Evサーボは左右別々に2個並列
 Evは左右別ロッドで、左右2個並列のWサーボに。艇内は全通のトンネルでメカ搭載も自由に。
 操縦席ハッチの合わせ目ができてしまうが、外観上はほとんど問題なし。防水も完全。
 モーター延長線は最新10ヌーボ同様支柱に沿わせて艇内に引き込み、外観は実にスッキリ。
 斜めのヒンジ・ラインを活かすため、左右別個のEv.ロッはも後部で曲げて取り出し、テール部分の外観もスマートに。
 翼端フロートは従来どおりの差込み式。
 斜め支柱の固定ビス穴を長穴にして、
 フロート上下位置を調整可能に。
 搭載バッテリーの重量の増減に対応。
2017/11/15 モーター入荷待ちで2週間以上遅れでようやく完成 
 この結果は定番の1/10にも反映される。長年進化・改修を繰り返してきたサヴォイアも、
 842ヌーボで遂に完熟。 ようやく究極のサヴォイアに到達した。

               ページ・トップへ戻る

842 T 842 U 842 V 842 W 842 X
艇体 フォーム内底バルサモノコック艇/モノコート張り
主翼 バルサ上面プランク 半対象翼型 /モノコート張り
全長/全巾 1105mm/1500mm
1115mm/1450mm
1120mm/1410mm
1120mm/1440mm
翼面積 31.0 dcu 31.5 dcu 30.0 dcu 29.0 dcu 29.0 dcu
生地完成 1300g 1345g  −g 1260g 1225g
機体完成 1565g 1460g 1400g 1450g 1440g
メカ合計 約500g(リンケージ、延長線、コネクター 含む)
 モーター 4250 (280g) (ペラ13X6.5 ・スピンナ含)
 ESC 60A (60g)
 サーボ Al.ミニX2
   Ev/Rd.ミドルX3
(100g) (110g) (110g) (110g) (110g)
全メカ装備完成機体重量 〜2050g 〜1960g 〜1900g 〜1955g 〜1940g
バッテリ 4S/2200〜2600mA (250〜275g)
全備重量 2290g〜 2210g〜 2160g〜 2205g〜 2190g〜
翼面荷重 73.9g(/デシ) 70.2g(/デシ) 72.0g(/デシ) 76.0g(/デシ) 75.5g(/デシ)

               ページ・トップへ戻る

Return to EP page  こちらから「EP一覧」へお戻りいただけます。