ほとんどスケール 第7号
  Albatros DX
  アルバトロス DX (1/12 スケール)


1917年6月 マンフレッド・フォン・リヒトホーフェン 搭乗機

 胴体/主翼
   バルサ・厚板側板+モノコック ○胴
   /バルサリブ+フェザー・コート張り 
 全長:610o、全巾:750/740o、
 翼面積:16.1dcu、
 翼面加重:(約27.5)g/dcu
 全備重量:〜450〜g、機体乾燥重量 277g

 GWS350C−B/8040 ( 72g )
  +リポ2セル( 1000mA〜 50g 〜)
 4ch 上翼エルロン仕様(尾輪連動 タキシング仕様)
 マイクロサーボ X 3、アンプ、(RCメカ 約50g)搭載

 モーターはGWS400GDで更に戦闘力アップも可能。


1号機凝りすぎでテールヘビーの挫折。根本的に胴体を設計しなおして1/12サイズでよりスケール向上。苦労の甲斐あってCGもバッチリ決まり全備重量450g前後で仕上がった。
モノコック・バルサ丸胴はラッカー塗装にクリヤFC貼り。ノーズはスッポリPET一体カウル。
マウント上のダミーエンジンの中身がリポ***1300mAではデカイ!
スケールからすると高さはあと1センチ詰めたい。700mA程度がベスト。
 ↑↑↑↑クリック拡大画像でジックリご覧ください。

  ↑↑↑クリック拡大画像でジックリご覧ください。
 ノ=ズすっぽりのPETカウルは形状からいとも簡単に決まった。PETカウルにしたのでモーターとのクリアランスもとれて、スピンナー径はスケールどおりの寸法に。オマケにシャフトの長さも足りて先端3mmナットで簡単にセットできた。
懸案の内部木目塗装もハケでゴスゴス、ラーカーを雑に塗ったら表はリアルな木目色に! 案ずるより生むが安しの大成功。

 GWS角棒マウントの上に縦積したリポを、バルサスクラッチ「メルセデス180HP直列6気筒水冷OHCエンジン」のダミーでカバー。リポサイズが大きくてエンジンだけ飛び出したようになってしまったが、7、800mA程度のものをのせれば、丁度良いスケールサイズとなるはず。飛行時にはクーリングもかねてカバーナシがいいと思う。

GWS350+ペラ+リポ1320mA 搭載のこの状態で407g、あとはメカの重量だけなので、重量オーバーの心配もまったく問題ナシの設計値の範囲で仕上がった。

 アルバトロス 製作過程は 久留庵便 工房日誌で詳しくご覧ください。

 これだけ時間を掛け、手間もかかった機体はめずらしい。
子供のころ「コカ・コーラ」か「ケロッグ・コンフレーク」だったか?オマケ懸賞でCOX02付きのフリーフライト?Uコン?機、真っ赤なアルバのスケール機があった。流麗なその姿は強烈な印象で、無性に欲しくてたまらなかったが当時はコークやケロッグを買いだめするような暮らしではなかった。
 そんな思いが込められてなかなか製作する機会がなかったから、今回の電動化複葉スケールシリーズを始めた時から、今度こそと決意していた。そんな想いが失敗にもめげず、納得できる機体の完成へ引きずってきてくれた。コイツだけはなんとしても手元においておきたい愛機となった。
 今手の上にあるカチッとした丸っこい胴体をさすりながら、一人クリスマスのシャンペンに酔いしれて、過ぎ去ろうとしている2004年を回想している。

Return to EP page  これに乗って EPトップ・ページへお帰りください。