F1M2
Japanese Imperial Navy F1M2 "PEET"

1/12 零式水上観測機
全 長  665(機体 )/790 mm
全 巾  920 mm
翼面積  21.8 dcu
生地完成重量  620 g
機体乾燥重量  740 g
メカ積み完成重量  925 g
全装備重量(3S1300〜1500 mA) 1030〜1045 g
翼面荷重  47.9〜 g/dcu
モーター・ESC FSD 2835 / 25A
サーボ 4ch ミニX4

2020/02/11 第282作 零式水上観測機 1/12 2号機 NEW  ・・・(埼玉)T.O. さま

2009/06/07 第119作 零式水上観測機 1/12 初号機       ・・・(福岡)ASO さま

*** 製作開始から完成までの工作詳細は 工房日誌 零式水観でご観察ください。***

2020/02/11「ほとんど・スケール」第282作 零式水上観測機 U号機 完成
 時の流れは夢のまた夢・・・あっという間に拾年一歳  年々歳々機相似 歳々年々人不変・・・
 見た目は同じ機体でも 作りはそれなりの進化を遂げる。十余年も同じことやってて
  進歩しなけりゃ日本人じゃない。  でも過去は変わることが無い同じ機体。。。 
 今回は久々の大戦機でついつい気が入りすぎて、小さな機体なのにひと月以上かかってしまった。
 シンプルなのは胴体平面形だけ。主翼は上下まったく違う造り、カウルは最早PET成形できずバルサ
 曲げワッパの積層、日本機の濃緑色フィルムなど無いから塗装仕上げ、とにかく手間のかかるヤツだ!
  世界に誇る日本のプラモ、タミヤ・カラースプレーでカバーリングの上から濃緑色仕上げ。
  塗色は救いだが、マーキングはフィルム貼りでさらにマスキングしてから吹きつけ。
 苦労の甲斐があって実にリアルな外観に仕上がった。 が、その見返りは重かった。。。
 結局過去の軽量シンプル仕上げより200g近い重量超過、とはいえそれでも翼面荷重は
 50g/デシ以下だから、GPトレーナー並みで しっかり安定した飛行が期待できる。
  昔日の超軽量フカフカ電動機のこだわりは いまや昔話となりにけり。。。

Return to EP page  この機で「EP一覧」へお戻りください。